鼻炎

腸内環境はヨーグルトの乳酸菌で解消

乳酸菌と言えばヨーグルトを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
これはもちろん、ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌の量が非常に多いという理由からであり、その量は商品によっても異なりますが、なんと100億個にもなると言われています。

そんなヨーグルトですが、スーパーなどで販売されている商品を手に取ってみると、どのパッケージにも「はっ酵乳」と書かれていることが分かると思います。
はっ酵乳とは、牛や山羊などの乳から搾乳するミルクを、乳酸菌や酵母の働きにより発酵させたものです。
液状のものも固形のものも、はっ酵乳と呼びます。
その成分の基準は、無脂乳固形分が8%以上であること、1ミリリットルあたりの乳酸菌か酵母の数が1,000万個以上であること、そして大腸菌群が陰性であることです。
日本ではヨーグルトを含め、こうして作られた製品はすべて「はっ酵乳」としか表記できない決まりになっています。
そのため、ヨーグルトのパッケージを見るとすべて「はっ酵乳」と書かれているのです。

ヨーグルトの効果をより実感するためには、食べるタイミングも重要です。
朝しか食べないといった方も多いかもしれませんが、じつは、食後に食べた方が効果的だとされています。
朝ごはんの際に食べることも大切ですが、昼食や夕食の後にもデザートとして取り入れてみるのも良いかもしれません。
さらに、オリゴ糖と組み合わせることによってさらなる相乗効果も期待できると言われています。
腸内環境を整えたい、便秘で苦しんでいるといった方は、ぜひ試してみると良いでしょう。

ヨーグルト以外で乳酸菌が含まれている食品と言えば、味噌や塩麹、ぬか漬け、漬け物などです。
さらに、ナチュラルチーズや発酵バターなどにも含まれています。
植物性の食品を発酵させて作られるものを植物性乳酸菌と呼び、漬け物などはこれに該当します。
一方でヨーグルトや乳酸飲料に含まれているは、動物性乳酸菌と呼ばれる菌です。