鼻炎

善玉菌を増やす方法について

善玉菌は腸内に存在する細菌のことで、乳酸菌やビフィズス菌などがこれに該当します。
私たちの健康を維持するために大切な働きをしており、腸内でさまざまな物質を生成しています。
身体の代謝機能を活性化させたり、悪玉菌による腸内環境の悪化を防いだりするのも、善玉菌の大きな役割です。

そんな体にとってあらゆる良い影響を与えてくれる善玉菌ですから、体内にはたくさん合った方がいいもの。
しかし、加齢や食生活、生活習慣の乱れなどによって、この善玉菌は減少し、反対に体にさまざまな害を及ぼす悪玉菌が増殖してしまいます。
もし、胃腸の不調を感じたら善玉菌の減少が原因かもしれませんから、増やすための対策をしましょう。

善玉菌を増やすのに取り入れられる代表的な方法が、ヨーグルトを食べることですね。
ヨーグルトには多くの乳酸菌やビフィズス菌などが含まれているために、腸内環境を整えるのに役立つとして古くから食べられてきました。
乳酸菌飲料なども同じく、乳酸菌を増やす助けになります。
便秘や下痢の時にヨーグルトを食べたり乳酸菌飲料を飲んだりすると良いというのは、誰でも知っていることかもしれません。

しかし、ヨーグルト以外にも善玉菌を増やす方法はあります。
たとえば納豆菌の多い食品を食べること。
大豆製品には善玉菌を増やして悪玉菌を減らす役割があり、腸内の腐敗を防いでくれます。
また、オリゴ糖や食物繊維をたくさん摂るのも良いでしょう。
この二つは善玉菌のエサとなる成分のため、ヨーグルトや大豆製品などと一緒に摂取することで自然と量が増えていくのです。

サプリメントから摂取する方法もあります。
サプリメントであれば、必要な分の栄養素を必要なだけ摂取することができるため、効率的に補給したいという方にとっては最適でしょう。

こうした食品によって体の中に取り入れるのと同時に、体を動かしたりストレスのない生活を送ったりすることも大切です。
ストレスは腸内環境を悪化させる原因のひとつですから、睡眠をしっかりとったり、休みの日にはきちんと休息をとったりするなど、自分なりに対策をしていきましょう。