鼻炎

乳酸菌でガスを放出できる

お腹が張りやすい、ガスが出やすい、といった悩みをお持ちの方はいませんか?
これは、腸内に悪玉菌がたくさん溜まっていることが原因かもしれません。

腸の中に悪玉菌がたくさん溜まると、老廃物をスムーズに流す働きが衰えてしまうために、食事から取り込んだ食べカスが蓄積されていき、それが腸内で腐敗してしまうのです。
すると、便がスムーズに出なくなるためにお腹が張ってしまいますし、食べカスが腐敗してしまうために有害物質や有害ガスが発生します。
おならをした時に臭いがキツイというのも、このように悪玉菌が腸内に増殖していることが原因の可能性が高いです。
有害ガスが溜まると体中に影響が現れ、便秘だけでなく肌荒れなどの症状を引き起こすこともあります。
実際に行われた研究では、腸内で悪玉菌によって作られた腐敗物が血液や尿からも検出されたという結果が出ているようで、このことからも腸内の環境が全身に悪影響を及ぼすことがわかると思います。
お腹のハリ、ガスの臭い、肌荒れといった症状が見られたら、早めに対策した方が良いでしょう。

体内に溜まった有害なガスを放出するのに役立つのが乳酸菌です。
ご存知の通り、乳酸菌は悪玉菌を退治して善玉菌を増やしてくれる役割があります。
善玉菌が増えることによって、老廃物もスムーズに排出されていくために、腸内で有害ガスが発生することはありません。
人によっては、整腸剤を活用している方もいるかもしれませんが、毎日の食生活を改善するだけでも改善が見られるはずです。
ヨーグルトを積極的に食べる、味噌汁や漬物といった和食料理を中心にした食生活にする、乳酸菌サプリメントを活用するなど、善玉菌である乳酸菌をできるだけ体内に取り込めるような食習慣を身につけていきましょう。

ちなみに、おならが出やすい人は、公共の場で我慢してしまうこともあるかもしれませんが、我慢し過ぎると体臭がきつくなったり口臭が臭うようになったりすることもあります。
我慢せずに排出するようにすることも大切ですが、それはなかなか難しいと思いますので、乳酸菌をとったり偏った食生活を改善したりと、できるところから見直していきましょう。