鼻炎

乳酸菌と大腸菌

私たちが食事をした時にその食べ物を消化してくれる消化管ですが、ここには非常に多くの菌が存在しており、その数はなんと100兆以上にも上ると言います。
その中でも代表的な菌として上げられるのが、腸内細菌である乳酸菌や大腸菌でしょう。
腸内細菌とは、食道~肛門までの消化管内に存在する微生物のことで、私たちの体内には乳酸菌と大腸菌の他にも、約400種類もの腸内細菌が存在しています。

ただ、これらの腸内細菌が具体的にどういった働きをしているのか、良いものなのか悪いものなのかすらわかっていない方もいるかもしれません。
端的に言うと、腸内の環境をスムーズにしてくれる善玉菌が「乳酸菌」で、体にさまざまな悪影響を及ぼす悪玉菌が「大腸菌」です。

善玉菌とは、消化管内での消化や吸収の働きを助けたり、病気に掛かりにくくなるよう作用するものです。
これらは、「有用菌」と呼ばれるもので、その代表的なものが、乳酸菌やビフィズス菌、ガセリ菌などです。
一方で悪玉菌とは、炎症を引き起こしたり、発がん性物質を作り出したりする菌のことです。
こちらは「有害菌」と呼ばれ、タンパク質を分解しながら有害物質を生成するという性質を持ちます。
先ほど取りあげたように、悪玉菌の代表とも言われるのが大腸菌です。
その他、ブドウ球菌やウェルシュ菌なども悪玉菌に該当します。
腸内に悪玉菌が増えていくと、便秘や下痢などを引き起こす他、食中毒や心臓病、脳卒中といった重大な病気を引き起こすこともあります。

ただし、大腸菌がすべて悪いものというわけではなく、じつはそのほとんどは無害です。
大腸菌のうちの一部に有害な物質があり、それらが強い腹痛や下痢などの症状を引き起こすのです。
たとえば、一般的にも広く知られているO-157は牛の腸に存在する病原性大腸菌です。
牛の腸の中にいるときには特に問題ありませんが、これらが人間の体内に入ると食中毒を引き起こすことがあるために、注意しなければなりません。