鼻炎

乳酸菌の種類と効果

よくテレビなどで、「生きたまま腸に届く」乳酸菌というのを聞きませんか?
乳酸菌には非常に多くの種類があり、生きて腸に届くものとそうでないものがあるのです。
その数はなんと300以上にもなると言われています。
どんな種類があるのか知っておきましょう。

まず前提として、「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」という2種類があります。
植物性のものは、その名の通り植物由来の菌です。
ブドウ糖や果糖などと関係しており、高濃度でも生息ができるといった性質を持っています。
植物性は漬け物や味噌といった日本料理で使われる食材や調味料に多く含まれているため、和食料理が好きな人は自然と体内に多くとりこんでいる可能性があります。

一方で動物性は、植物性と比較すると栄養が豊富に含まれた菌です。
乳糖を元にして作られており、牛乳やチーズ、ヨーグルトといった乳製品に多く含まれています。
動物性のデメリットとしては、他の細菌と共存せずに単独で生存する菌であり、高濃度な場所では生息ができないために、胃腸に届く前に分解されてしまう点でしょう。

私たちがよく耳にする「生きたまま腸に届く」のは、いわゆる植物性のこととなります。
しかし、ヨーグルトなどの乳製品でも、生きたまま腸に届くという言葉をよく聞くのではないでしょうか?
これは、食品メーカーが、植物性乳酸菌を使用したヨーグルトなどを開発しているためです。

たとえば、乳酸菌シロタ株などは聞いたことがあるのではないでしょうか?
これは、胃液でも消化されない特性を持ち、生きたまま腸まで届き、ビフィズス菌を増やしてくれる役割があります。
他にも、KW乳酸菌やプラズマ乳酸菌、LG21乳酸菌といったものも、腸に届きやすい菌として注目を集めています。

ここで紹介したように、一口に乳酸菌といっても非常に多くの種類があるものです。
商品を購入する際には、これらのうちどの種類の物が含まれているのかをチェックしてから購入してみるのも良いかもしれません。