鼻炎

乳酸菌を摂っても軟便が続くときは

便秘になった時には、ヨーグルトなどの食品から乳酸菌を摂取しようと考える方もいると思います。
腸内環境の悪化によって起こる便秘ですが、同じように軟便の際にも乳酸菌が良いと言われています。
軟便とは、便の水分量が通常よりも10%程度多い80~90%含んでいる状態のことです。

腸の調子が悪くなるのは、腸内にある善玉菌の数が減り、悪玉菌の量が増えるため、というのは聞いたことのある方も多いでしょう。
乳酸菌には、腸にとって良い影響を与えてくれる善玉菌を増やし、反対に悪玉菌を減らしてくれる役割があるために、腸内環境が改善されて、便秘や軟便などの症状が解消されるのです。

ただし、場合によっては、乳酸菌を摂取したことによって軟便を促してしまうケースもあるようです。
原因はいくつかありますが、多くの場合には過剰摂取が考えられます。

乳酸菌は、体内に酢酸や乳酸などを生成する働きがありますが、これらの物質は、排便活動を活発化させる作用があります。
よくあるのは、辛い便秘の症状を解消するために、サプリメントやヨーグルトから多くの乳酸菌を体内に摂取してしまうことです。
どんな栄養分にも言えることですが、バランス良く取り入れることが大切で、一定の栄養素だけを摂取し過ぎてしまうのは良くありません。
軟便を引き起こさないためにも、ヨーグルトなどを食べ過ぎていたと感じる方は、量を減らすなどの対策をしましょう。

また、軟便の症状を改善するために乳酸菌を摂取したものの、なかなか症状が改善されないというケースもあるかもしれません。
過剰摂取の場合には量を減らせば良いですが、適量食べているのにも関わらず改善が見られない場合には、別のところに原因がある可能性があります。
たとえば、軟便の原因には、ストレスや飲みすぎもあります。
また、お腹の冷えやコーヒーの飲み過ぎ、食べ過ぎ、生活習慣の乱れなども軟便を引き起こす原因です。
乳酸菌を適度に摂取することも大切ですが、まずはこうした環境の見直しも行っていきましょう。